両学長&こびと株 日本の高配当株ポートフォリオ 2週間実践状況

私は1月2日にこびと株さんの記事と1月4日に両学長が配信されたYouTubeを見て、日本の高配当株投資を始めることを決意した投資歴約1年と4ヶ月の自称投資家です。

お二人の記事やYouTubeを見ている方なら、実際に見た直後に始めたらどうなるのかって気になった方はいるのではないでしょうか。


YouTubeを見た直後の1月4日に口座開設を申し込み、1月13日に口座開設、1月14日に入金。1月15日からSBIネオモバイル証券にて運用をスタートさせました。


運用開始地点の相場状況は日経平均株価がバブル後最高値を更新された直後でした。

初心者の心理としては、もう少し暴落を待ってから始めても良いのではないかという状況でした。


そのような状況下でスタートしてみて、実際にどんな風に運用しているのかについて紹介していきます。

私が日本の高配当株投資に興味を持ったきっかけや紹介されているポートフォリオの説明については過去記事に書いているので、そちらも合わせて読んでみてください。

ここで注意して頂きたいのが、こちらで紹介している銘柄への投資を推奨している訳ではありません。

お二人が2020年12月末時点から運用をスタートさせるならこちらの銘柄に投資するというものになります。

私自身も投資は自己責任と考え、余剰資金で運用しているものになります

この記事はこんな方におすすめです
  • 日本の高配当株投資を始めたいけど一歩踏み出せないという方
  • 両学長やこびと株の高配当ポートフォリオを実践している人の運用状況を知りたいという方
目次

スタート時点でのポートフォリオについて

紹介されているポートフォリオを参考に1月15日に買い付けた状況がこちらです。

スクロールできます
コード投資先セクター配当
利回り
株数投資額
合計
評価額
合計
割合
2914JT食料品7.33%5¥10,295¥10,2953.43%
8316三井住友フィナンシャルG銀行5.96%¥7,048¥7,0482.35%
8306三菱UFJフィナンシャルG銀行5.48%14¥6,971¥6,9712.32%
8058三菱商事総合商社4.98%¥5,380¥5,3801.79%
8593三菱UFJリースその他金融4.88%14¥7,308¥7,3082.43%
8591オリックスその他金融4.20%2¥3,614¥3,6141.20%
4502武田薬品医薬品4.99%¥7,202¥7,2022.40%
8766東京海上ホールディングス保険4.20%¥5,586¥5,5861.86%
7995バルカー化学4.31%¥4,174¥4,1741.39%
8031三井物産総合商社4.03%¥3,968¥3,9681.32%
2124JACリクルートメントサービス4.23%4¥7,316¥7,3162.44%
2169CDSサービス4.19%¥9,590¥9,5903.19%
9142JR九州陸運業4.13%4¥8,996¥8,9963.00%
6073アサンテサービス3.75%¥8,000¥8,0002.66%
8750第一生命ホールディングス保険3.52%¥3,514¥3,5141.17%
9433KDDI情報・通信3.66%3¥9,834¥9,8343.28%
9432NTT(日本電信電話)情報・通信3.63%7¥19,250¥19,2506.41%
6087アビストサービス3.52%¥5,788¥5,7881.93%
9436沖縄セルラー情報・通信3.30%¥4,660¥4,6601.55%
4327日本エス・エイチ・エルサービス3.08%¥9,868¥9,8683.29%
8001伊藤忠商事総合商社2.80%¥9,414¥9,4143.14%
待機枠¥142,42647.44%
合計¥300,200
※配当利回りの記載がないものはこびと株さんの表の数値を記載

続いて現在の運用状況の確認を行いたいのですが、どうやって確認していけば良いのかについて紹介していきます。

高配当ポートフォリオのメンテナンスについて

両学長、こびと株さんが配信されている高配当株ランキングが2月頭に配信されました。

そこで、2人が過去に出していた【超実践的】高配当株ポートフォリオを「安定的」に運用するためのメンテナンス方法を参考にポートフォリオのメンテナンスを行っていきました。

メンテナンスを行う手順は4つの手順で進めていく形になります。

  1. 現状チェック
  2. 目標再確認
  3. 新規・追加購入銘柄の検討
  4. 投資実行

詳しいやり方についてはお二人の記事や動画を見て頂いた方がわかりやすいので割愛します。

実際の手順に乗っ取って順番に勧めていきたいと思います。

現状チェック

現在の運用状況をヤフーファイナンスとお二人が提供されているスプレッドシートを用いてまとめてみました。

その内容がこちらです。

スクロールできます
業種業種別
保有数
時価
の合計
取得価額
の合計
受取配当金
の合計
配当金構成比
の合計
時価構成比
の合計
サービス業540,68540,562151322.59%26.49%
情報・通信332,23333,744121418.12%20.98%
食料品110,38810,29577011.49%6.76%
銀行業213,06014,01973010.90%8.50%
卸売業318,16118,76269210.33%11.82%
その他金融業210,51810,9225097.60%6.85%
陸運業18,7808,9963725.55%5.72%
医薬品17,3967,2023605.37%4.81%
保険業28,3059,1003595.36%5.41%
化学14,0824,1741802.69%2.66%
総計21153,607157,7766,699100.00%100.00%
※業種別 1月29日時点 運用状況

こちらの表をグラフにするとこんな感じになります。

2021年1月29日時点 セクター別時価構成比
2021年1月29日時点 セクター別配当金構成比

両学長の動画を見た際は何だか難しそうと思っていました。

こびと株さんのブログを見ながらヤフーファインナンスに各銘柄のコードを入力。

その後手順通りに進めていき、2人が提供されているエクセルもしくはスプレッドシートをインストールして、そこに貼るだけなので本当に簡単でした。

ここで高配当株投資を成功させるポイントが3つあります。

  1. 特定業種に偏らないようにする(各業種構成比20.0%以下)
  2. 特定銘柄に偏らないようにする(個別銘柄からもらう配当金比率は3.0%以下)
  3. 高配当利回りの株を買いすぎないようにする(平均配当利回り4.2~4.8%の範囲にする)

成功させるポイント3つが出来ているかどうかについて確認していきます。

特定業種に偏らないように出来ているか

現状のポートフォリオではサービス業の時価構成比が26.5%情報通信セクターが21.0%となっています。配当金構成比で見てもサービス業が22.6%、情報通信セクターが18.1%と偏った状況になっていることがわかります。

特定業種への投資割合は上限として20.0%までにしていきたいので、他の業種も買い増していきたいと考えています。

特定銘柄に偏らないように出来ているか

銘柄ごとにまとめた表がこちらです。

コード名称取得
価額
時価時価
構成比
損益損益率1株
配当
受取
配当金
配当金
構成比
2914JT10,29510,3886.76%92.50.90%154.00円77011.49%
8316三井住友フィナンシャルグループ7,0486,4904.23%-558-7.92%190.00円3805.67%
8306三菱UFJフィナンシャル・グループ6,9716,5704.28%-400-5.74%25.00円3505.22%
8058三菱商事(株)5,3805,2953.45%-85-1.58%134.00円2684.00%
8593三菱UFJリース7,3087,1684.67%-140-1.92%25.50円3575.33%
8591オリックス3,6143,3502.18%-264-7.30%76.00円1522.27%
4502武田薬品工業(株)7,2027,3964.81%1942.69%180.00円3605.37%
8766東京海上ホールディングス5,5865,1333.34%-453-8.11%235.00円2353.51%
7995バルカー4,1744,0822.66%-92-2.20%90.00円1802.69%
8031三井物産3,9683,8732.52%-95-2.39%80.00円1602.39%
2124JAC Recruitment7,3167,4444.85%1281.75%80.00円3204.78%
2169CDS9,5909,6606.29%700.73%55.00円3855.75%
9142九州旅客鉄道8,9968,7805.72%-216-2.40%93.00円3725.55%
6073アサンテ8,0007,7355.04%-265-3.31%60.00円3004.48%
8750第一生命ホールディングス3,5143,1722.07%-342-9.73%62.00円1241.85%
9433KDDI9,8349,2376.01%-597-6.07%120.00円3605.37%
9432日本電信電話
(NTT)
19,25018,32611.93%-924-4.80%100.00円70010.45%
6087アビスト5,7885,8663.82%781.35%102.00円2043.05%
9436沖縄セルラー電話4,6604,6703.04%100.21%154.00円1542.30%
4327日本エス・エイチ・エル9,8689,9806.50%1121.13%76.00円3044.54%
8001伊藤忠商事9,4148,992.505.85%-421.5-4.48%88.00円2643.94%
合計157,776円153,607円-4,168.4円6,699円
※1月29日時点 銘柄別運用状況

食品セクターの「JT」1つで配当金構成比が11.49情報・通信セクターの「NTT」から10.45%など1つの銘柄から受け取る配当金の依存が高い状態となっています。

個別銘柄から受け取る配当金の構成比は3.0%以下にしていくのが目標なので、開始時点ではクリアは出来ていません。

1銘柄への依存度が高いと、業績に左右され安定的に配当金を受け取りにくくなるので、新規購入銘柄の検討を進めていきたいと思います。

また赤色のマーカーをしているものが景気敏感株となります。

景気敏感株も景気によって時価の変動が激しく、配当金の変動が激しいです。

その為、目標としては配当金構成比は50.0%以下にするのが良いです。

現在の私のポートフォリオでの景気敏感株配当金構成比は合計で44.7%となっているので、目標はクリアできています。

買い増しのタイミングでは景気敏感株が50.0%以上にならないよう注意しながら行っていきます。

高配当利回りの株を買いすぎないようにする

高配当利回りランキングで上位に位置する銘柄は長期的配当金を受け取れるか不透明な罠銘柄が多くなっています。

その為、配当金の高い順番に購入していくのはリスクが高くなります。

IR BANKを用いて長期で安心して保有できる銘柄かどうか、自信で調べてから買い増しを行っていく予定です。

目標再確認

 老後資金についてはiDeCo(月12,000円)と積立NISA(月33,333円)で満額積立てを行っています。

約30年ほど、利回り4.5%くらいでうまく運用できれば3,000万円以上は作れるかなと考えています。

その為、日々のキャッシュフローを増やすことを目的に高配当株を運用していきたいと考えています。

 配当金での収入が10万円得られる所までコツコツ積み上げていくのを私は目標としています。

その為にもお金を貯める力、入金力を高めていくのが当面の課題です。

新規・追加購入銘柄の検討、実施について

今後買い増しを行っていく銘柄については現在IR Bank Bankを用いて調べている所なので、次回の運用状況報告と合わせて報告させて頂きます。

始めて銘柄分析等を行っている為、これは少し時間がかかりそうです。

1月29日地点の運用成績

1月29日時点では金融、情報・通信セクターで株価が下がった為、損益では4,168円のマイナスとなりました。

受取配当金の想定金額は年間で6,649円となっています。

投資額が少ないと寂しい金額です。

投資初心者の間は目先の値動きに目がいきがちですが、時価の評価損益については気にせずに金のニワトリをコツコツ育てていきたいと思います。


しかし2月4日地点の損益を確認して、約1,337円のプラスとなっているのを見ると、嬉しい気持ちは隠せないですね。

まとめ

本日は高配当株投資のメンテナンス方法の大事な4STEPの内1.現状チェックと2.目標再確認まで行いました。

次回に3.新規・追加購入銘柄の検討と4.投資の実行を行っていきたいと思います。

運用面で大切な3ポイントと景気敏感株への投資は50.0%以下になるように意識して運用していきます。

  1. 特定業種に偏らないようにする(各業種構成比20.0%以下)
  2. 特定銘柄に偏らないようにする(個別銘柄からもらう配当金比率は3.0%以下)
  3. 高配当利回りの株を買いすぎないようにする(平均配当利回り4.2~4.8%の範囲にする)

動画や記事を見ているだけでは中々頭に入ってきません

実際にやってみることで真剣に考えながら見たり聞いたりします。

最初は怖いかもしれませんが、行動すれば意外と簡単にできます。

日本の高配当株投資を始めるのを躊躇している方の参考になれば嬉しいです

私が運用しているネオモバについてはこちらの記事でも書いていますので良かったら参考にしてみてください。

高配当ポートフォリオに興味を持った方は少額から始めることができるので、試しにやってみてください。

\ 口座開設はこちら /

また、運用状況については今後も定期的に更新していきますので、良かったら見にきてください。

この記事が少しでも役にたったと思った方は下のブログ村のリンクをクリックして頂けると今後更新していく励みになるので、ポチっとクリックして頂けたら嬉しいです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる