日本酒は太る!?でも飲みたいときは ~ダイエット生活8週目~

最近気温も低くなってきて、日本酒が美味しい季節になってきましたね!

お酒好きな人でダイエットをしている人なら一度はこんな事を聞いた事ありませんか?
日本酒は高カロリーだから太りやすい

文部科学省の食品データベースでは日本酒1合あたり約190キロカロリー

焼酎の水割りなどが102キロカロリー、ウィスキーなどが142キロカロリーなことを考えると、高カロリーなお酒であることがわかります。

また、炭水化物も含まれる事を考えると、他のお酒よりも太りやすい可能性の高い、お酒であることがわかります。

それでも飲みたいという方の為に、太りにくい飲み方やダイエット中の日本酒との付き合い方について解説していきたいと思います。

目次

そもそもお酒を飲むと太ると言われる理由は

お酒を飲むと太りやすくなる理由はそもそもお酒を飲みすぎると、肝臓はアルコールを分解するのに忙しくなります。

そうすると、脂肪の分解が進まず、中性脂肪をためやすくなる為、太りやすくなるのです。

また、お酒を飲むと胃液の分泌が盛んになり、食欲が旺盛になってしまい、普段食べれないような量の食事を食べられるようになったりします。

皆さんも二次会、三次会した後に〆のラーメンや帰り道のコンビニで何か食べたくなったりした経験はありませんか?

これはアルコールを摂取した事によって、血糖値が急上昇し、肝臓から多くのインスリンが分泌された為、食べた後に急激に血糖値が下がる為に引き起こされる現象です。

脳が錯覚を起こし、甘い物やラーメンなどの塩分が欲しくなる為、そのような行動をとってしまうのです。
日本酒に限らず、お酒を飲むのはやはりダイエットには大敵だということは皆さんも覚えておいてください。

ダイエット中でも日本酒を飲みたい方

ダイエットをしていてもお酒を好きな方なら好きなお酒を好きな時に飲みたいですよね。

私も太る可能性が高いとはわかっていてもなかなか我慢をできません。

寒い季節には日本酒をグビっと飲みたくなります。

ここからは具体的にどうしたら良いかについて解説していきます。

太りにくい日本酒の飲み方は

ダイエットをしている方がカロリー、糖質高く太りやすいと言われる「日本酒」を飲む際にやってほしい事は以下の3つです。

冷酒ではなく、熱燗を飲む

 日本酒は常温、冷酒、熱燗と飲む温度を変えて楽しむ事ができるお酒です。そんな日本酒をダイエット中に楽しみたいという方は熱燗で飲む事をお勧めします。

その理由は温めて飲むことで、代謝があがり脂肪が燃えやすくなるからです。

ほかの酒類ではだいたい冷たい状態飲むのが多いですが、身体を冷やしてしまい、脂肪を溜め込みやすくなるので、ダイエットにはよくないと言えると思います。

その点日本酒は温めても美味しく頂けるのでお勧めです。

また、冷酒よりもゆっくりと飲むので、アルコール摂取量を比較的抑えて飲めるのもお勧めしているポイントです。

※しかし、暴飲暴食すれば何を飲もうがダイエットにはNG行動なので、気をつけてください。

和らぎ水と一緒に飲む

体育会系の学校や職場での飲み会では水(チェイサー)を飲みにくい雰囲気もあったりするかもしれませんが、日本酒を飲む際は水と一緒に飲む事をお勧めします。 

水を一緒に飲むことで、酔いすぎるのを防止するのとアルコールが中和されるため、胃や肝臓の負担を減らす事ができます。 

飲んだ日本酒の量に対して1.5倍~2倍の水を飲むと良いとされています。

水を一緒に飲む事でアルコールを飲むペースを抑制する事が出来き、結果的にアルコールの摂取量を減らす効果も期待できるので、ぜひ試してみてください。

更に二日酔いの予防も出来て一石二鳥ですね!

低糖質のおつまみと一緒に飲む

 お酒を飲む事で食欲が増すと、思いがけない量を食べてしまう事があります。そんな状態になり食べ過ぎても太りにくいようにカロリーや糖質の少ない野菜、きのこ、海藻類、魚介類、大豆製品を中心に選ぶようにしてください。

飲んで太る原因のほとんどが一緒に食べるおつまみです。具体的にどういった食べ物を食べれば良いのか参考に紹介させて頂きます。

日本酒に合う低糖質料理①枝豆

おつまみの定番中の定番の「枝豆」ですが食品データベースでは100g中の脂質が6.1gとなっています。100gは約20粒でとてもヘルシーでボリュームがあり、ダイエット中のおつまみとしては最適な食べ物となっています。また、身体の代謝を高める効果のあるビタミンB群が豊富に含まれている事もお勧めのポイントとなります。

日本酒に合う低糖質料理②お刺身

日本酒のおつまみの定番と言えばやっぱりお刺身ですね。

タコ、イカ、カンパチ、鯛、マグロ(赤身)、ヒラメなど低カロリーかつ低脂質なものが多いです。脂ののったものは高脂質になるのでそういったものは避けて食べるようにしてみてください。

日本酒に合う低糖質料理③焼き鳥

温かい食べ物と合わせたい場合は焼き鳥がおススメです。炭火であぶり焼きにするので、余分な脂が落ちてカロリーが低く低脂質、高たんぱくなのでダイエット中のおつまみにもってこいです。

ただし、味付けはタレではなく「塩」を選ぶようにしてください。タレには砂糖が入っているため、糖質が高くなるので、同じ焼き鳥でも注意が必要です。

日本酒に合う低糖質料理④クリームチーズ

チーズはワインやビールのおつまみのイメージがあるかもしれませんが、日本酒と同じく発酵させて作る為、食べ合わせの良いおつまみの一つです。

食品データベースによるとクリームチーズ1個(18g)あたりに含まれる炭水化物0.4gと糖質が少ない食材なのでダイエット中にはおススメのおつまみの一つです。ただし、脂質は高めなので摂り過ぎには注意してください。

私は酒盗クリームチーズにして食べるのが好きです。

日本酒って意外とと太りにくいのでは!?

日本酒事態は確かに糖質、カロリーが高く、他のお酒と比べると太りやすいかもしれません。しかし、低脂質なおつまみって日本酒に合う料理が多いなと思いませんでしたか!?

私はお酒を飲んで太る一番の原因は一緒に食べるおつまみ、料理だと考えています。

揚げ物や砂糖などをふんだんに使った料理と一緒にお酒を飲むとやっぱり太ります。

その点日本酒はさっぱりした料理や食材そのものを活かした料理と合うので、意識してない間に低脂質な料理を選んでいると思います。

その為、一概に日本酒は太るお酒ともいいきれないと私は考えています。 

大好きなお酒も飲み方や普段の生活次第で我慢せずに飲む事もできるので、皆様の参考になれば嬉しいです。

~ダイエット生活 8週目の成果は~

 10月25日~10月31日までのダイエットの成果についてご報告させて頂きます。

10月25日、10月28日、10月30日、10月31日と外食&飲みに行ってしまいあまり自制心のない生活で不通に暴飲暴食生活でした。

またブログの更新も10月14日からできておらず、ダイエットも停滞傾向です。

しかし、白湯ダイエットについては毎日。レコーディングダイエットについては出張で計測できない日を除いては継続してきております。

そんなぐーたらダイエットの成果がこちらです。

居酒屋で食べ過ぎた翌日に太って、禁酒した翌日に少し痩せるという形の横ばい傾向なっています。

食生活を変えている訳ではないので急激に痩せる訳ではないので、急激に痩せる事はありませんが、徐々に右肩下がりを目指していければと思います。

もう少しダイエットに向き合う為にも外食を減らして次週はダイエット生活を始めてからの自己ベストが出るよう頑張りたいと思いますので応援して頂ければ嬉しいです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる